予防法

体温計を持つ

以前は、癌といえば死の病でしたが、現在は早期発見早期治療により、回復可能な領域が大変多くなっています。それでも、転移が恐ろしいのは常ですよね。転移しないで早期治療を目指したいものです。 癌はリンパの流れに従って転移すると言われています。また、最近の研究では癌の原因は細菌だというケースが出てきています。(胃癌の原因となるピロリ菌や、子宮けい癌の原因となるHPVなどが代表的な例です。) 専門家の意見を省みず、民間療法だけで転移の予防や癌が治るとは限りませんが、免疫力を高める努力は、癌治療や転移予防に有効だと言えます。 免疫力を高める方法としては、良質な睡眠・よく笑う・運動・よい食事があります。食事には、発酵食品(納豆やこうじ、ヨーグルトなど)とビタミンやミネラルが豊富な食べ物(野菜、果物、海藻など)がありあす。癌でなくても普段から心がけたいことですね。

癌は、日本の致死率の中で最上位を誇るほどの物であり、深刻な病気として取り扱われています。昔ほどは、医療技術も進歩した事もあって、完治することが出来る様になりましたが、まだ確立は十分に低い物です。 癌の完治の難しさとしては、転移が問題になる事があり様々な場所に転移してしまうと、治療が難しくなります。 癌の転移を取り扱っている人ととしては、外科医が挙げられます。外科医の中でも、癌を専門にしている人は歴史の移り変わりもあり非常に多く存在しています。 また、最近では転移した癌を専門に扱っている人も多く存在しており、専門医として働いているために癌の種類によって主治医が変わると言った事も稀ではなくなり、より完治の道が広がっています。